氷水に塩をいれて温度をはかってみましょう!

氷水の中に塩を加えると温度をがどう変化するでしょう?
0℃以下になってどんどん下がってくるのが分かりますヨ!

実験の方法

少しの水を入れた中にたっぷりの氷を入れ温度を計る
▲温度を計る

少しの水を入れた中にたっぷりの氷を入れ温度を計ります。そして塩を加えていくと、どんどん温度が下がってきます。
塩水は氷を溶かします。
氷が溶ける時にまわり(主に塩水)の熱をうばい、氷水の温度が下がっていくのです。
水の氷点は0℃です。
そして0℃以下になると凍りますが、塩水は0℃以下でも凍らず、飽和食塩水(ほうわしょくえんすい=それ以上の塩が溶けない状態の濃い塩水)は-(マイナス)21℃まで凍りません。
この氷点が低下することを氷点降下といいます。

手づくりアイスクリームを作ろう!

塩を加えると温度が下がる性質を利用して手づくりアイスクリームを作ってみましょう!
レシピページにてレシピを公開中!

塩と実験の一覧に戻る


ページ先頭ヘ