「伯方の塩」のあゆみ 1970~1999年

1970年(昭和45年)

自然塩存続運動を始める

1971年(昭和46年)

4月

「塩業近代化臨時措置法」成立

6月

自然塩の存続を求めて署名運動を開始

10月

5万人の署名を集め国会陳情

12月

「塩業近代化臨時措置法」成立により、伯方島の塩田全廃

1972年(昭和47年)

「食塩の品質を守る会愛媛支部」を「自然塩を守る会」に改称

1973年(昭和48年)

1月

「自然塩を守る会」を「日本自然塩普及会」と改称

4月

運動の中から製造会社を作る必要が出来たため、「日本自然塩普及会」のメンバーなどが「伯方塩業株式会社設立準備委員会」を発足
同時に、「特殊用塩(自然塩)」製造を専売公社に申請

6月

自主流通塩の製造を委託される

8月

創立・創業

12月

『伯方の塩』製造・販売開始

1977年(昭和52年)

10月

愛媛・伯方島に伯方新工場を竣工

1983年(昭和58年)

全国に販売網を持つ

1984年(昭和59年)

5月

『伯方の塩・焼塩』を発売

1987年(昭和62年)

5月

『伯方の塩』を大相撲の5月場所から使用開始(東京場所年3回)

1989年(平成元年)

11月

『フルール・ド・セル』を発売

1993年(平成5年)

故・松本永光(当社二代目社長)「塩浴革命」出版

1994年(平成6年)

塩浴ブームにより品不足

1996年(平成8年)

12月

明浜工場竣工

1997年(平成9年)

3月

「塩専売法」が廃止

4月

「塩事業法」が施行

1999年(平成11年)

2月

『伯方の塩・焼塩 80gビン入り』を発売

  • 「伯方の塩」の誕生
  • 商品名の由来

伯方の塩・粗塩
1973年12月 伯方の塩・粗塩

伯方工場外観
1977年10月 伯方工場外観

伯方の塩・焼き塩
1984年5月 伯方の塩・焼塩

フルール・ド・セル
1989年11月 フルール・ド・セル

明浜工場外観
1996年12月 明浜工場外観



「伯方の塩」のあゆみ 2000年~

2000年(平成12年)

5月

大三島工場竣工 工場見学コース設置

2002年(平成14年)

塩の自由化-専売制からの完全自由化により塩の製造・販売・輸入が自由化される

2003年(平成15年)

創業30周年記念・伯方の塩1kg増量発売(30%増量)

2004年(平成16年)

7月

大三島工場見学者20万人突破記念セレモニー

10月

品質マネジメントシステムの国際規格であるISO認証取得

2005年(平成17年)

2月

蒸発釜の特許取得─効率の良い省エネタイプ

8月

卓上タイプのビン2種を発売・・・『ローストソルト(焼塩)』、『フルール・ド・セル(塩の花)』

2008年(平成20年)

2月

環境マネジメントシステムの国際規格であるISO認証取得

5月

食用塩公正取引協議会発足

2009年(平成21年)

8月

大三島工場見学者55万人突破記念セレモニー

2010年(平成22年)

11月

大三島工場敷地内に流下式枝条架併用塩田を再現

2011年(平成23年)

3月

大三島工場リニューアルセレモニー・・・ロビー及び売店の拡張、見学コースの展示充実・展望台の新設

2012年(平成24年)

12月

松山本社竣工

2013年(平成25年)

4月

創業40周年記念-伯方の塩1kg・750g増量20%発売

7月

『バリィさんの焼塩』を工場限定発売

2014年(平成26年) 

1月

『伯方の塩あら塩200g』を発売

4月

大三島工場に研究開発棟を竣工

5月

『されど塩』を発売

7月

『伯方の塩 DRY』を発売

7月

大三島工場見学者100万人突破記念セレモニー

食物感謝祭
2000年5月 大三島工場外観

蒸発釜
2005年2月 蒸発釜

卓上タイプのビン2種
2005年5月
卓上タイプのビン2種

大三島塩田外観
2010年11月 大三島塩田全景

大三島工場
2011年3月 大三島工場売店




ページ先頭ヘ